Hello, My Fighters! -IgA天疱瘡、難病との暮らしを考える-

病気のライフスタイルをめちゃめちゃ考えるブログ

自傷行為と賢く付き合い、人生を楽しむためのヒント

この記事をシェアする

f:id:josephinewellness:20190511124853j:plain

箇条書きブログ

  • 自傷行為は、生きるために必要なことです。
  • 生きるために必要なことは、不変ではありません。環境や考え方が変われば、変わってしまう儚いものです。
  • 自傷行為と賢く付き合うには、その儚さを忘れず、深入りしないこと。
  • でも何だかんだ、生きてりゃよし。

 

はじめに

 今日は、自傷行為について、真面目な話をします。

 私は、元自傷行為者です。そんな私から見て、今ネットに落ちている情報は、決して当事者の助けになるものばかりではありません。

 「気持ち悪いから今すぐやめろ」とか「やっててもいいと思う」とか、自傷行為に対する個人の見解が多くて、自傷行為を抱える本人がどうやって暮らせばいいのかという視点に立つものが少ないと思います。病気と似てますね笑

 自傷行為を抱えたって生きていかなきゃいけないんです。今日は、自分の経験を振り返って、自傷行為を持ちながら生きる方法について書きたいと思います。

 

何で難病ブログで、自傷行為を扱うの?

 多分、病気と暮らす皆さんの中には、自傷行為をしている方がいらっしゃると思います。他の依存症を抱えているかもしれません。

 当然だと思います。

 病気は、様々な感情を巻き起こしますが、自傷や依存は、感情に対処する方法の1つだからです。

 病気と自傷行為は、連続した問題である可能性があります。このブログで扱うことで、役に立つ可能性があるんじゃないかな、と思っています。

 

注意

 自傷行為は、自殺と非常に密接な関係を持っています。

 あなた自身が、あなたの生を邪魔している、生きるのをやめさせようとしていると感じたら、助けを求めてください。

 巷では、「自傷行為してる人は自殺しない」とか言っていますが、自傷行為は自分への暴力ですよね。DVの加害者は、暴力がエスカレートすると相手を殺してしまうことがあります。自傷行為だって同じじゃないでしょうか。

 自傷行為もDV加害者も、治療を受けて、克服することができます。同じですね。

 死に至る暴力に悩んでいる方は、どうか適切な形で、プロに助けを求めてください。

  この記事はいつも通り、素人が書いております。自傷行為をオススメするつもりも禁止するつもりもありません。

 

人生の不思議

 「何でいきなり!?」という感じですが、自傷行為の話をする前に、人生のことを書いてみます。

    みなさん知っている常識ではありますが、自傷行為の中にいると忘れがちかもしれませんので、念のためお伝えしておきます。

 

生きるために必要なことは、生きる目的にはならない。

 生きるために必要な呼吸や必要最低限の栄養が、生きる目的になることは、まずありません。生きる手段ではありますが、人生の目的や生き甲斐には絶対になりません。

 「呼吸するために生きる」というのは、まず滅多に聞かないと思います。

 人生の目的は、生きるためには不要な分野で見つかります。

 

生きるために必要なことは、趣味にはならない。

 すべての趣味は、生きるためには不要なことです。生きるために不要なことをするのが、楽しいんですよね。

 「食べること」が趣味な方はいらっしゃいます。そういう方は、「体が必要としている以上に美味しいもの」を食べるのが好きなんです。「必要最低限しか美味しくないものを食べるのが好き」っていう方はいません。つまんないから。

 

生きるために必要なことは、環境と考え方によって変わる。

 生きるために必要なものには、酸素や水、栄養、お金などなどありますが、全て環境と考え方によって決まっています。環境と考え方が変われば、生きるために必要なものは変わります。

 人間は、体の構造上、水を飲まなければなりません。しかし、もし水を飲まなくてもよくなる薬が開発されたら、水を飲むことは「生きるために必要なこと」ではなくなります。

 社会生活上、お金は必要です。しかし、裸一貫で森に飛び込んで野生人として生活する人が、非常に数は少ないですが、います。そういう人にとっては、お金は「生きるために必要なもの」ではなくなります。

 

自傷行為は、生きるために必要なことである

 多分、「自傷行為が生きるために必要だ」ということは、当事者には説明する必要がないと思います。突然やめると生きていけないですよね。今のあなたには、必要なものですね。その議論は割愛します。

 

 ここで、先ほど述べた「人生の不思議」を思い出していただきたいのです。

 自傷行為は生きるために必要なことなので、生きる目的や趣味にすべきではありません。環境と考え方によって、不要になってしまうものです。

    これが、自傷行為の本質です。永遠に必要不可欠で、大事なものであり続けるわけじゃないんです。情熱を傾ける価値はありません。

 自傷行為をされる方の中には、自傷行為を礼賛するコミュニティに入ったり、どこまで凄惨にできるか研究したりする方もいらっしゃると思います。こういった方は、どうか自傷行為の本質を忘れないで欲しいと思います。

 

「今は生きるために必要だけど、不要になる可能性があるもの」との賢い付き合い方

 自傷行為をしている時は、自傷が必要な現在のことだけしか考えられないものですよね。しかし、本質を念頭においた付き合い方を心がけましょう。

 この例が適切かはわかりませんが、トラはすごく可愛いですよね。でもトラの本質は肉食獣です。本質を無視して、猫みたいに可愛がろうとしたら、100%襲われますね。

 トラとの賢い付き合い方(とにかく離れたところで見るとか)があるように、自傷行為との賢い付き合い方もあります。

 自傷行為は、永遠には続かない可能性がありますので、不要になる未来に備えておくのが、賢い付き合い方です。

 自暴自棄になっている時に、「賢く考えよう」というのが無茶なのはわかります。しかし余裕がある時には、ほんの少しでも、賢い付き合い方に近づいていきましょう。ちょっとずつちょっとずつ。にじり寄る感じで。できるだけ。 

 以下に、ヒントになりそうなことを挙げてみます。

 

1 なるべく安全にやろう。

  • 刃物、手や爪を使う場合は、清潔にし、傷はちゃんと手当しましょう。

 

2 自傷行為が不要になった時に困るようなことは、なるべくやめよう。

  • 傷が残ったり、元通りにならなかったりする方法はなるべくやめて、別の方法に変えましょう。(自傷が不要になった時に、傷を見る度に嫌な気持ちになりますよ)
  • 人間関係をぶち壊すのは、なるべくやめましょう。(他人に血まみれの写真を送りつけると、友情は壊れますし、寂しくなりますよ)

 

3 自傷行為を、人生の目的や趣味にしようとするのは、なるべくやめよう。

  • なるべく生きるために必要な分だけしか、自傷行為をしないように心がけましょう。特に、エンジョイするのはなるべくやめましょう。エンジョイする価値が全くないので、時間と頭脳がもったいないです。
  • 自傷行為を代替する方法がないか、常に探し、色々試しましょう。(私は、リストカットの代わりに、赤の蛍光ペンで腕に線を引くのがめっちゃ効果ありました。輪ゴムが効くという意見もあるし、枕を殴る方もいますよね。)

 

4 永遠に美しいものを探そう。

  • 自傷行為とは真逆のものを探しましょう。誰かが人生をかけて取り組んでいること、歴史を超えて多くの人が守り愛してきたものを見てみましょう。
  • あなたが、永遠に美しいと感じられるものは何か、考えてみましょう。多分自傷行為よりも100万倍独創性があって、芸術的で、誰かを感動させる力を持つものだと思います。

 

賢くなくても、最低限生きてればいい

 色々と自傷行為のやり方について書いたのですが、こういうことを書くと、必ず「この指示に従えない自分は生きる価値がない」と感じる方がいらっしゃると思います。

    そういう方は、冒頭をもう一度読んでいただきたいのですが、自傷行為を抱えて生きる方法を書いた記事ですので、無様でも生きるのは前提です。

    賢く生きようと思うなら、生の鶏肉は食べないほうがいいです。しかし、食べても生きてれば、それはそれでオッケーではないでしょうか。賢くないけど。

 なんだかんだ、最低限生きてれば、それでいいんですよね。

 

 自傷行為をやりすぎて、消えない傷や障害を負ってしまった方もいらっしゃるかもしれません。それ自体はあまり「賢い付き合い方」ではなかったかもしれません。しかし、当時は、生きるために必要だったのだし、あなたの中では最善の選択だったのだと思います。結局今、生きているのですから、それでいいんです。

 友情をぶち壊した方もいらっしゃるかもしれません。あまり賢くなかったですね。でも、今生きてる。それが一番です。

 

 生きているということは、何にも勝る財産です。「時間」という無限の可能性を秘めた富を得ることができるのは、生きている人間だけです。明日は正しいことができるかもしれないし、永遠に美しいものを見つけられるかもしれません。

 この記事を読んでいるあなたは、まだ素晴らしい財産を捨てていませんね。この記事を書いた私も、財産を捨てませんでしたよ。自傷行為のやり方が賢くなくても、どう頑張ってもやめられなくても、無様にいっぱい失敗しても、大暴れして迷惑かけちゃっても、あなたと私は、どちらもまだ時間を持っています。素晴らしい、巨万の富を持っています。

 どうかそれを忘れずに、健全でハッピーな自傷行為ライフを!