Hello, My Fighters! -IgA天疱瘡、難病との暮らしを考える-

病気のライフスタイルをめちゃめちゃ考えるブログ

無理に笑う必要はない。あなたの時計は何時ですか?

この記事をシェアする

f:id:josephinewellness:20190321183340j:plain



病気を抱える人たちは、こういう言葉をかけられることがあると思います。

・ポジティブに行こう!

・泣き顔は似合わないよ。笑顔になろう!

・つらいときこそ笑おう!

・前向きに考えていこう!

 

 親切心から出てきたこういう「素敵」な言葉たちに、みなさんは何か返事をしなければなりません。 きっと、みなさんは、こう答えると思います。

「ありがとう!元気が出たよ!」

 

 こういう「素敵」な言葉をかけてくれる方たちは、みんな根本的に 優しい方で、何か優しい言葉をかけてあげたいと思っているんだと思います。その優しさには感謝したいですよね。

 でも、この「素敵」な言葉には、無理に従う必要はありません。

 

 今日は、その理由を2つの実験で示したいと思います。

 

実験1

f:id:josephinewellness:20190223214856p:plain

 アナログ時計を準備してください。

 時計の針を、6時ちょうどに合わせて、電池を抜いてください。

 では、時計の短い針が12時を指すように、激励してください。

 

 「12時の方を向こうよ!笑顔になれば気持ちも変わるよ!」

 「12時になれば、幸せが自分から寄ってくるよ!」

 「6時は似合わないよ!12時にしよう!」

 

 時計の針は12時を指しましたか? 指さないとしたら、なぜでしょうか。

 

A. 電池がないから

 時計だと当たり前すぎる話なのですが、人間も同じじゃないかなと思います。

 一生治らない病気の診断を受けた時は、衝撃を受けて当たり前です。

 衝撃を受けると、後ろ向きにもなるでしょうし、前向きになる活力が湧いてこなくて当たり前だと思います。

 12時ちょうどをポジティブ(短針が上向き)、6時ちょうどをネガティブ(短針が下向き)とすると、あなたの時計の短い針は、6時で止まってしまって、電池が抜けてしまっているかもしれません。

 活力を失ったあなたに、一瞬で前向きになれというのは無謀です。まずは、活力をチャージするのが先です。

 

実験2

 実験1で使用した時計に、今度は電池を入れてください。

 では、時計が12時を指すように、激励してください。

 時計は12時を指しましたか?なぜ指さないのでしょうか。

 

A. まだ6時間経ってないから。

 時計が、励ましの言葉によって6時間進んだりしないように、人間も、励ましの言葉によって突然全ての辛いことを忘れたりはしません。

 一生治らない重大な病気のような、人生の重大事項を乗り越えるのには、当たり前に時間が必要です。

 みなさんは一人一人、毎日できる範囲で、病気と何とか暮らそうと努力されていると思います。

 そういう努力が、1秒ぶん、5秒ぶんずつ、時計の針を進めていけるはずだと、私は信じています。

 

 私の時計は、もう長らく9時過ぎで止まっています。

 12時までの3時間分には、これまであった悲しいこと、大半は難病だけでなく(笑)、両親の離婚や性犯罪被害、自殺願望や自傷行為などが詰まっています。

 こういったことを全て忘れて、100%ハッピーになれ、と言われても、私にはできません。 私には私なりの時計の進め方がありますから、粛々とそれをやるだけです。

 

 たとえ、難病を抱えていなくても、12時ちょうどの時計がいくつあるんでしょう。みんな割と10時とかで止まってるんじゃないですか?

 

励ましの意義

 人間が時計と違うところが一つだけあります。

 時計は、励ましの言葉を電力に変える機能がありませんが、人間には、励ましの言葉を活力に変える能力があることです。

 励ましの言葉は、我々を瞬時に前向きにさせる力はありませんが、前向きになるための活力になることがあります。

 

自分のペースが、正しいペース

 活力と時間は、自分のペースでチャージしていいのです。

 隣の時計の方が早く進んでるかもしれませんが、早い時計が正しい時計なわけじゃないですよね。 自分のペースで進む時計が、自分の人生にとって正しい時計なんだと思います。

 私の時計は、今、正確な時刻を指しています。そして私は今、多分12時の時計を持っていた時よりも圧倒的に幸せです。 6時の時計を9時まで進めた経験は、絶対に手放したくありません。私は賢くなったし、優しくなったし、強くなったし、幸せとは何なのかを知ったからです。だから残りの3時間も自分で進めていきます。

 それが不幸だとか、ネガティブな生き方とか、消極的な生き方とか、いつまでもくよくよ悩んでいるとか、周りからはそう見えるかもしれません。周りの方はイライラして、「3時間を進める魔法の薬」を渡そうとしてくれるかもしれませんが、できないもんはできないからね!自分のペースで行くだけです。

 

あなたの時計は、今何時ですか?